公式LINEはじめてます!

ブリスター包装機の平版での多数個処理は本当に処理効率がいいのか? その3

こんにちは、
大阪・柏原でブリスター包装機をオーダーメードで手掛けています。
ブリスターパック・ラボ、担当のけたろーです!

受託包装を絶賛承り中です!。 お気軽に!

さて、本日の話題です。

今回も前々回からの続きで、その3です。

少し、おさらいをしておきますね。

その1では、木型をつかった平版ブリスター包装機の作業的な問題点を、
その2では、木型をつかった平版ブリスター包装機の特性を書いてきました。

で、ようやく主題の本題です。

では、
なぜ作業効率が悪いのか?
作業効率が悪くなってしまうのか?

端的に結論から言います。

作業効率を悪くしてしまう要因、それは、〝溜め〟です。

以上!

… もう少し説明しますね。 笑

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!

Written By

けたろー けたろー 包装機械移相談士/時短設計®士。

包装機械相談士。時短設計®士。 先代よりブリスター包装機と関わり約40年余り。『人海的な手作業』が主流のこの包装業態に風穴をあけるべく、もっとブリスター包装機械のことを知ってもらいたくてこのサイトを立ち上げました。包装作業は毎日のことなので、なるべく、その負荷を減らせるようできればと思ってます。 人手不足や働き方改革が叫ばれている昨今。何かのきっかけになれば幸いです。 あなたの生産現場が、最高最善にハッピーになれますように。(*^-^)