〝フレーム組み立て作業〟を定点観測してみた。

ようやく・・・。

やっと・・・

動画の編集ができた!

 

こんにちは、
大阪・柏原でブリスター包装機をオーダーメードで手掛けています。
ブリスターパック・ラボ、担当のけたろーです!

受託包装を絶賛承り中です!。 お気軽に!

めざせ、100人!(← 目標 低ーー!w) ってことで、
Youtubeもやってるので、できればチャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/user/MrPupaman

 

せななぁ(しないとなぁ)・・と思いながら、
全く手つかずだった動画の編集をようやく終えてアップしました。

と言いながら、後、2本分?くらいあるんですけどね。(^_^;)

今回の動画は、組み立てのシーンです。
定位置にスマホを設置して定点観測に近い感じで撮影してみました。

この時のフレームは結構大きなフレームで、機長が3mくらいで
奥行きが1.5mくらい。

大物の場合は、フレームを分割できるように合体構成をとる場合が
多いのですけど、今回のこれは一体物で設計しました。

合体させる利点は搬入時などに小回りが利く点。でも、設置場所の
床面の状態がマズイとうまく合体できなかったりするので、かなり
労力が強いられる場合があるんです。

その点、1体物だとそういう心配がないので楽ですよね。

The following two tabs change content below.
けたろー

けたろー

包装機械相談士。時短設計®士。 親父の代よりブリスター包装機と関わり約40年余り。『人海的な手作業』が主流のこの包装業態に風穴をあけるべく・・、もっとブリスター包装機械のことを知ってもらいたくてこのサイトを立ち上げました。包装業務って毎日のことなので、なるべく作業をしている方々の負荷を減らせるようできればと思ってます。あなたの生産現場が、最高最善にハッピーになれますように。(*^-^) 人手不足や働き方改革が叫ばれている昨今。何かのきっかけになれば幸いです。