公式LINEはじめてます!

あなたの商品は目が見えない方へアプローチできていますか?

目が見えない人はどうやって買い物をして、また、
買い物できたとしても、どうやってその商品を特定するのか?

そんな疑問から、包装資材の表面に点字を打つ仕組みを考えました。

こんにちは、
大阪・柏原でブリスター包装機をオーダーメードで手掛けています。
ブリスターパック・ラボ、担当のけたろーです!

受託包装を絶賛承り中です!。 お気軽に!

めざせ、100人!(← 目標 低ーー!w) ってことで、
Youtubeもやってるので、できればチャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/user/MrPupaman

さてと。

パッケージへの点字対応について、いろいろと思うことがあって、
ちょっと顔出して語った方がええんじゃないか? ってことで、
久しぶりに、自撮り動画をアップしました。笑

点字の普及率って、海外に比べて日本はすごく低いんですよね。
最近になって、少し改善されつつあるみたいですけど。

それでも、まだまだ、健常者が優位な世の中であることには
変わりないみたいです。

自分もしくは、自分の近しい人がそういう状況でない限り、
残念ながら、なかなか気づかないというか・・・

事故、病気のリスクは、たぶん、皆同じように持っています。
それに、人はいずれ高齢の道を辿ります。

その時の礎になればいいなって思っています。

 

聴いてもらえるとうれしいです。

 

*****

ご相談・お問合せはお気軽に!クリックして、問い合わせページへ。
よかったらシェアしてね!

Written By

けたろー けたろー 包装機械移相談士/時短設計®士。

包装機械相談士。時短設計®士。 先代よりブリスター包装機と関わり約40年余り。『人海的な手作業』が主流のこの包装業態に風穴をあけるべく、もっとブリスター包装機械のことを知ってもらいたくてこのサイトを立ち上げました。包装作業は毎日のことなので、なるべく、その負荷を減らせるようできればと思ってます。 人手不足や働き方改革が叫ばれている昨今。何かのきっかけになれば幸いです。 あなたの生産現場が、最高最善にハッピーになれますように。(*^-^)