機体紹介

5つのパターンから最適な包装作業環境をご提案します!

正直なハナシ、
メーカーの我々からすれば、〝メーカーが決めた標準機〟を生産現場に使って頂くのが
一番手っ取り早く楽であり、ぶっちゃけて言えば、その方が会社としての利益も出やすいのですが…

商品が変れば、生産の規模も変わり、作業現場も変わり、スタッフも変わります。

つまり、お客様によって生産に対する規模や、その捉え方、環境が様々だということです。

生産工場にとって、工場内での生産活動は一日だけのものではありません。毎時・毎日のことです。
だとするなら、生産効率をあげつつ、なるべく〝ストレス・レス〟な環境で仕事をしたいですよね。

ならば、こちらが決めた〝標準機〟をご採用頂くのでは、すごく無理が生じると思うのです。

 生産現場をもっと快適にして、もっと楽に仕事をして頂きたい!

〝ワンオフ〟へのこだわりは、そんなところにあります。

お陰様で、さまざまな業種の方と出逢い、さまざまなご提案をさせて頂き、さまざまな対応をしてきました。
そんな技術の蓄積から得た機体のパターンは、な、なんと! 〝5つ〟 です。

いずれの場合も基本的なコンセプトは『流れ』です。
資材の投入~ブリスター包装の完了まで一連の〝流れ〟を留めないことを
基本コンセプトとしています。

流れを留めないことで無駄な〝仕掛り〟がなくなり、一貫した生産が可能になります。

それでは、次頁で詳しくご紹介させて頂きますね。
※ 動画ページもご用意しておりますので、よろしければそちらも参照をお願いします。
※ よろしければ、Youtubeのチャンネル登録忘れずによろしくお願いします!