意外と盲点! 包装現場でのソーシャルディスタンス。

コロナ! コロナ!! コロナ!!!

メディアでは、もう、うんざりするくらいコロナの報道一色。

感染症なので、まぁ、仕方がないのかもしれませんが、
半ば、煽られているのかなと思ってしまって・・。
おっと、愚痴になってしまった。

ところで・・・ あなたの包装現場では、『ソーシャルディスタンス』
とれていますか?

日常生活の上では守るように盛んに言われていますけど、作業現場って
意外と盲点だったりしますよね。

 

こんにちは、
大阪・柏原でブリスター包装機をオーダーメードで手掛けています。
ブリスターパック・ラボ、担当のけたろーです!

受託包装を絶賛承り中です!。 お気軽に!

めざせ、100人!(← 目標 低ーー!w) ってことで、
Youtubeもやってるので、できればチャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/user/MrPupaman

 

さてと・・・。

作業現場でソーシャルディスタンスをとれるか? っていうと、
たぶん、人海戦術を決め込んでおられるところでは難しいかもしれませんね。

こと、ブリスター包装の作業現場って、結構人海戦術で作業をされているところが
多いような気がします。

知っているところでは、歯ブラシの包装ラインなどがそうです。
(名指しするようで、申し訳ないのですけど・・。(^_^;) )

まぁ、〝木型〟を使った平版方式の機械の構成が、それを助長しているのは
否めないところですよね。

歯ブラシに限らず、その他化粧品とかもそうですし、たくさんあります。(^_^;)

 

コロナ禍での情勢を知る限り、こういった作業方法も転換期にあるのでは?
と思ったりしてます。

 

たとえ、運用ルールを敷いて、きっちり手指の消毒して、ちゃんとやっている。。。
にしても、人の介在箇所が多ければ多いほど衛生面での低下は否めないですもんね。

 

でも、考え様によっては、この禍は、むしろチャンス! かもしれません。

相応の機械を導入し、作業性を変えることで、ソーシャルディスタンスが図れ、
且つ、人手の介在が少なくなるので衛生面でもかなりの改善が期待できます。

その上で、その状況をうまく活用するのです。

この禍においては、あなたの商品を手にする人たちって、なんだかんだと多少の不安を
抱えられているのも確かです。

些細なことかもしれませんが、そういったことを大体的に謳うことができれば、
お客さまへ安心感を与えることができます。

それに、商品への影響もさることながら、作業に従事してくれているスタッフさんへの
影響を考えると、やはり、少人数でできるに越したことはありませんよね。

 

これを機に、現場の在り方を考えてみるのもいいかもしれませんね。

ご相談は随時受け付けております! お気軽に。

ご相談・お問合せはお気軽に!クリックして、問い合わせページへ。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
けたろー

けたろー

包装機械相談士。時短設計®士。 親父の代よりブリスター包装機と関わり約40年余り。『人海的な手作業』が主流のこの包装業態に風穴をあけるべく・・、もっとブリスター包装機械のことを知ってもらいたくてこのサイトを立ち上げました。包装業務って毎日のことなので、なるべく作業をしている方々の負荷を減らせるようできればと思ってます。あなたの生産現場が、最高最善にハッピーになれますように。(*^-^) 人手不足や働き方改革が叫ばれている昨今。何かのきっかけになれば幸いです。