公式LINEはじめてます!

トラック搬送型ブリスター包装機 ー 歯ブラシ用途。 

動画アップしました!

アップ動画は、トラック搬送型のブリスター包装機です。 下熱方式の採用にて、台紙の反りがありません。

こんにちは、
大阪・柏原でブリスター包装機をオーダーメードで手掛けています。
ブリスターパック・ラボ、担当のけたろーです!

受託包装を絶賛承り中です!。 お気軽に!

お陰様で、Youtube登録者数100人突破! ありがとうございます。
次の目標は!! めざせ、1000人!(← 目標 低ーー!w) 
ってことで、Youtubeもやってるので、できればチャンネル登録お願いします!

さて、動画での機体は、歯ブラシ用とのブリスター包装機です。

実はこの機体、数年前にリリースした機体なのですが、今回オーバーホールの依頼があって、それに絡めて改良・改造しました。 トラック搬送の機構を見直し、よりスムーズに搬送できるように改良しました。

以降、歯ブラシ業界での包装の実情とうんちくを話しますが、『そんな話はもうええねん!』 って方は、こちらから動画をご覧ください。 ⇒ 動画を観る。(Youtubeが開きます。)


歯ブラシ業界特有のオペレーションを見直す。

この機体構成を考えた(産み出した)根柢には、〝既存のオペレーションを打破する〟ということでした。

ちょっとした裏話を言うと、歯ブラシ業界には業界特有の作業方法というのがあります。

特有のというか、当初から行われてきた作業の流れが固定化されて、今もなお、そのままの方式で続けられているという感じですね。 ・・・何の疑いもなく。(A;´・ω・)アセアセ

どういう方法か簡単に言えば、歯ブラシが複数本セットできる大判の容器とそれをカバーする台紙を使って溶着して、後工程で1本づつの形に抜き取るという方法です。 つまり、店頭で売られているあの細長いパッケージは、大判で溶着したものを、後であの形状に抜いているということです。

この方式でのベースにある考え方が、〝一度にたくさんセットすれば、一回でたくさんのモノができる〟という発想。

確かに、一見するとすごく効率が良いように聴こえますよね。 また、この作業方法が生まれたのは、高度経済成長期でモノが飛ぶように売れていた時代で、且つ、作業者も潤沢にいて、今よりも人件費に対してうるさくない時代のことだから、この発想が自然に生まれたのだとも思えます。

しかし! 今となれば、この方法にもかなりの〝無駄〟があるのです。 それは・・・

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!

Written By

けたろー けたろー 包装機械移相談士/時短設計®士。

包装機械相談士。時短設計®士。 先代よりブリスター包装機と関わり約40年余り。『人海的な手作業』が主流のこの包装業態に風穴をあけるべく、もっとブリスター包装機械のことを知ってもらいたくてこのサイトを立ち上げました。包装作業は毎日のことなので、なるべく、その負荷を減らせるようできればと思ってます。 人手不足や働き方改革が叫ばれている昨今。何かのきっかけになれば幸いです。 あなたの生産現場が、最高最善にハッピーになれますように。(*^-^)