公式LINEはじめてます!

キーワードは〝分離性能〟。

ヒートシール(熱溶着)型のブリスター包装を考える上で、一番気になるのが台紙とPET容器の分別処理… 

こんにちは、
大阪・柏原でブリスター包装機をオーダーメードで手掛けています。
ブリスターパック・ラボ、担当のけたろーです!

受託包装を絶賛承り中です!。 お気軽に!

めざせ、100人! ってことで、Youtube やっているのですが、なんと! お陰様で100人突破しました! これもひとえに、皆さまのお陰です。 次は1000人目指してコツコツ。 できればチャンネル登録お願いします!

さて、主題の件。

ここ最近の環境問題からというより、ずいぶん前から言われてきたような印象があります。

台紙からPET容器を剥がす時に、容器側に台紙の紙がくっ付いてくる状態。 包装的に考えると、簡単に剥がれてしまうというのは内容物の落下にもつながりかねないので、溶着不良の要因にもなり得るため、包装作業をする上では、この状態は〝好ましい〟ことなのです。 が、ごみ処理を考える上では好ましくないですよね。 綺麗に剥がせれば、PET容器は再生でき、再資源化につながります。 

環境問題に先進的に取り組んでいるヨーロッパ諸国では、ブリスター包装を嫌う傾向にあると聞いたことがあります。 が、全く使われていないというわけではなく、台紙とPET容器が容易に分離できるような構造で提供されているみたいですよね。

アメリカでも、政権が変って、環境問題に対して真摯に取り組まれるようになったと聞いたことがあります。

我が国はどうでしょうか?

ボクの知る限り、まだまだコスト優先な気がしてなりません。 いろんな策があるのですけど、

たとえ1円でも、コストが上がるのは困る。

なんて言われるところが多いような気がします。 その点、聴くところによるとヨーロッパでは環境配慮に対するルールが厳格化され、〝企業側のコスト論理=安ければ何をしてもいい〟というのが罰則対象となって、逆に売れないようです。 また、消費者の目も厳しくなりつつあって、再利用できないような方式は敬遠される傾向にあるとか。

哀しいかな、日本はまだまだそこまでの域には達していないですよね。 言い方が適切でないかもしれませんが、まだ、多くの企業が、〝自分のところさえ儲かればいい。〟 という考えで、誰かが何かをやるのを静観してるような印象を受けます。

以前のログにも書きましたが、環境問題は切羽詰まったところまできています。 

南極ではものすごい勢いで氷河が溶けだしています。 海洋にばら撒かれたプラスチックで生物たちは行き場を失い、あるいは、不可抗力的に体内に摂りこみ、死に追いやられている。 また、ここのところの気象変動は言うまでもありませんよね。

どれもこれも人間の〝経済活動〟と言う名の活動が起因しているのは明白です。 人間にとって、いや、全ての生物たちの母体である地球が逝ってしまうと、生きてくことができなくなってしまうのですから、経済だのお金だのなどとと言ってる場合ではなくなってしまいます。 

だからこそ、もっと真摯に取り組んでいかねばと思うのです。 

あ! これを他人事と思ってるあなた。 これは決して他人事ではなく、皆に関わっていることなのですよ。 というわけで、分離しやすいブリスター包装を試作してみました!

台紙を2重にすることで、PETを台紙にくっ付けることなく封かんができます。 この場合のメリットを下記に挙げておきます。

台紙とPET容器の分離が容易。
PET容器を直接台紙にくっつけないので、再生PETでOK。(※1)
紙同士をくっ付けることになるので、溶着トラブルが少ない。
溶着タイプでのブリスター特有の紙質などへの拘りが不要。(※2)

※1 
溶着タイプのブリスターでは溶着性能を高めるため、G-PETやA-PETといったバージン(無垢)なものが主に使われます。再生PETは、溶着不良の原因になりやすいのであまり使われません。 バイオ系も同様の理由からあまり好まれません。

※2
台紙へのホットメルトの含侵性を考慮すると、上質紙系が使えないなどといった紙質への拘りがあります。

台紙を2枚にすると、紙代がかさむんじゃない? 

と思われるかもしれませんよね。 仰る通り、確かに紙を2重にすることで紙代のコストはアップします。 が、容器側へのシバリがなくなるので、その分トントンでしょうし、上記あげた通り、溶着時の作業性が格段にアップしますので、作業効率で回収はできます。 

ケンカを売るつもりで言いますが… 笑 無能な経営者や作業責任者ほど、単価でものごとを判断しがちです。 資材単価が安かったとしても、作業で時間や労力を要していたのでは、かえってコストは上がります。 また、作業時に溶着ミスが頻繁に発生する状況を考えれば、それは全て〝ロス〟なのです。

作業はトータルで見て、判断すべきですよね。 包装作業の現場を考える上ではこれは鉄則です。

それよりも一番のメリットは、【環境問題に対応している企業であること】という社会的な印象が得られることです。 このメリットが一番大きいです。 環境問題への取り組みは、遅かれ早かれどんな企業であっても避けては通れない事案になります。 とするなら、後追いで〝右に倣えで始めました〟とするより、『うちが、リーディングカンパニーであり、この分野のパイオニアだ!』 となる方がいいのでは? と思いますが、如何でしょう?

よかったらシェアしてね!

Written By

けたろー けたろー 包装機械移相談士/時短設計®士。

包装機械相談士。時短設計®士。 先代よりブリスター包装機と関わり約40年余り。『人海的な手作業』が主流のこの包装業態に風穴をあけるべく、もっとブリスター包装機械のことを知ってもらいたくてこのサイトを立ち上げました。包装作業は毎日のことなので、なるべく、その負荷を減らせるようできればと思ってます。 人手不足や働き方改革が叫ばれている昨今。何かのきっかけになれば幸いです。 あなたの生産現場が、最高最善にハッピーになれますように。(*^-^)