公式LINEはじめてます!

溶着のブリスター包装って、台紙の反りがすごく気になりますよね?

買い物にでると、ブリスターパックな商品を確認します。
市場調査の名目もあるんですけど、仕事柄一番気になるのは、〝台紙の反り〟です。

どうも、こんにちは、
大阪・柏原でブリスター包装機をオーダーメードで手掛けています。
ブリスターパック・ラボ、担当のけたろー(@sanagiman_flush)です!
ツイートフォローお願いします!

受託包装を絶賛承り中です!。 お気軽に!

だんだんと寒くなってきましたね。 寒い日にはお湯割りが一番です。笑

さて、本日は、冒頭にもお伝えした〝台紙の反り〟です。

溶着タイプのブリスターが用いられている商品で、たまに見かけるのが
台紙がものすごく反ったやつです。

反りかえった台紙を見ると、どんな風に感じられますか?

使うのは中身…
とは言うものの、外観がひどいとあまり印象がよくないですよね?

と感じるのは、ボクだけ? なのかしら… 笑

ところで、なぜ、台紙が反るか? ご存知ですか?

それは、

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!

Written By

けたろーのアバター けたろー 包装機械移相談士/時短設計®士。

包装機械相談士。時短設計®士。 先代よりブリスター包装機と関わり約40年余り。『人海的な手作業』が主流のこの包装業態に風穴をあけるべく、もっとブリスター包装機械のことを知ってもらいたくてこのサイトを立ち上げました。包装作業は毎日のことなので、なるべく、その負荷を減らせるようできればと思ってます。 人手不足や働き方改革が叫ばれている昨今。何かのきっかけになれば幸いです。 あなたの生産現場が、最高最善にハッピーになれますように。(*^-^)