公式LINEはじめてます!

点字の取り組みをメディアにとりあげて頂きました!

きっかけは、些細なことから。

 

〝ブリスター包装に点字を入れれたら・・・!〟 そのきっかけは、

目の悪い人はどうやって、パッケージの中身を知るのだろう?

というほんと些細な疑問からでした。

例えば、歯ブラシ。
歯ブラシには、〝かため〟〝ふつう〟〝やわらかめ〟とあり、パッケージにはその表記があります。
でも、それは、目で見えて、その表記が読めてこその種類です。

目が見えない場合、パッケージを手に取って開けるまで、硬さの種類を知るすべがないのでは?
と思ったのです。

ブリスター包装は、透明の容器を使うことで中身が判断できるというのがウリの包装形態なのですが、
よく考えれば、それは〝健常者目線〟でのことです。

まぁ、この点はブリスター包装に限ったわけではなく、包装全般に言えることなのですが…

ともあれ、目の見えない人からすれば、中身が見えるかどうかは特に関係のない話で、
もしかすると、彼らにとってはものすごく使い勝手が悪くなってしまっているのではないか?
とも思いました。

こと、ブリスター包装は、すごく多岐にわたって使用されています。
日用品から、文具、工具、食品もそうだし、日常生活用途のいろんなものに使われています。

だからこそ、点字を入れるということは、ものすごく意義があることなのだと思ったのです。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

Written By

けたろーのアバター けたろー 包装機械相談士/時短設計®士。

包装機械相談士。時短設計®士。 先代よりブリスター包装機と関わり約40年余り。『人海的な手作業』が主流のこの包装業態に風穴をあけるべく、もっとブリスター包装機械のことを知ってもらいたくてこのサイトを立ち上げました。包装作業は毎日のことなので、なるべく、その負荷を減らせるようできればと思ってます。 人手不足や働き方改革が叫ばれている昨今。何かのきっかけになれば幸いです。 あなたの生産現場が、最高最善にハッピーになれますように。(*^-^)